Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
はなこーぎー
コーギー犬ハナコが案内する犬と旅行、犬とキャンプ、犬と公園など。
トラバは悪質トラバの対応が面倒なので一切受け付けておりません(ごめんなさい)。
愛あるコメントは大歓迎です

↓1日1ポチ有効です。いつもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


犬関係のはなこーぎーの本棚です。
Profile
NewEntry
Category
Comment
Search
Link

コギオーナーりんく
★楽狐虎狐
(tigerさん)
★コーギーの空ちゃん☆ALWAYS with YOU!!!
(空ちゃん)
★koro隊長がゆく
(koro隊長)
★ヒマなときに・・・
(シュシュちゃん)
★こまり顔コーギー龍之介の癒し日記
(龍之介くん)
★CORGI LIFE と MY HOME DIARY
(海くん&小雪ちゃん)
★コーギーライフーLife with Corgi
(こなちゃん)
★ぐるぐるニナニナ
(ニナちゃん)
★シュガープラム
(プラムちゃん)
★れもぱんにっき
(れもんちゃん)
★あいらぶ♪DS+ニャン
(ダブルちゃん&シングルちゃん)
★ひろさんのブログ
(リズちゃん&ぴあちゃん)
★koro&mikan大好き!
(koroちゃん&mikanちゃん)
★コーギー大好き一家の奮闘記
(コースケくん&すずちゃん)
★空を見上げて
(ニコちゃん)
お気に入りわんにゃんリンク
手作り食応援サイト
Favorite
幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付) おうちで作る、イヌの服―カワイイを着てでかけよう! 未定 [DVD] 3びきのかわいいオオカミ スーパーナチュラル 〈ファースト〉 セット1 [DVD] 愛犬のための症状・目的別栄養事典 7歳からの老犬ごはん
Archives
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 連華寺池で野良と少年 main 憂いの秋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.08.21 Saturday 
- -
「犬の話」であれこれ
犬の話 (角川文庫)
犬の話 (角川文庫)

出版社/著者からの内容紹介
犬と人の、切なく愛しい関係。名エッセイのアンソロジー
どうして犬という存在は、人の心の最も深い部分を揺さぶるのだろう。武田百合子、庄野潤三、向田邦子、江國香織ほか、現代を代表する名文家による犬についてのエッセイ20篇を収録。

ワンコ的オススメ度(5犬満犬中)




ハナコが我が家に来たのは約10年前。今でこそ田園風景が似合う女だけど東京に2年ほどいた元都会ッ子だ。遊ぶところは大きな公園か河川敷くらいしかなかった。その公園には広大な広場があり夕方になると超小型犬から大型犬まで集っていた。毎日がドタバタ喜劇で、ボス対予備軍のゴングが鳴ったかと思えば、よせばいいのに仲裁をするチビがいたり、小さい老犬が大きな子犬を教育したり、小さいのが大きいのをいじめたりと大騒ぎだったけど楽しかった。



公園デビュー(約3ヶ月)のときはワンコの群れを見て「げっ!マジですか?」と尻込みしているのを「今後ココでしか思いっきり走れんよ。こんな所でビビったら永遠に遊べなくなるでしょ。怖そうなジャイアンもいないし行きなさい」と公園デビューのママのようにお尻を蹴飛ばした。



人の足にまつわりつく様に隠れながら歩き、「私は空気。私はそよ風。」と千の風になって存在を消したがボスに見つかり全員集合となる。矢継ぎ早にボディチェックと礼儀チェックを隅々までされる。もちろん置物になるハナコ。
「よろしい。仲間にしたる」ボスの一声で挨拶を終えるとそれぞれの持ち場に蜘蛛の子を散らすように解散となる。こうして無事仲間入りをしたハナコは猫をかぶって2日、3日と過ぎ、1週間もするとチビボスになってチビたちを従えるヤンキーの端くれとなった。新米くんが来れば、乱闘シーンに真っ先に飛び出す選手の様にボスの手下となり良く働いた。



椎名誠氏の『犬は少年といる時が一番うれしいようだ』を一部抜粋します。
世界のいろんな国と日本の違いは何かーと聞かれたとき、ひとことで答える方法がある。「日本の犬はつながれているけれど、ヨソの国はみんな自由」
ー中略ー
つなぐのもつながないのもその犬の力量と飼い主の判断にまかされる。



んでは続いて海外事情がよくわかるサイトをちょっとだけ紹介します。

よつばのクローバーマンハッタンニューヨークの犬事情が良くわかります。日本との違いに愕然とします。
こちらから→セントラルパークは今日も晴れ
ペットOKのアパートってアメリカにもあるの?より一部抜粋
簡単に言うと、全て日本と逆と考えれば解り易いでしょう。つまり日本のマンションやアパートでは一般的にペット飼育は禁止で、ほんの一部だけがOKですよね。ところがマンハッタンではペットOKが普通でダメな所が一部なのです。これは他のお店などでも同様で、犬を一緒に連れて利用できない場所・お店だけが「NO PET」と書かれているのです。


よつばのクローバードイツ・ミュンヘンにで暮らすワイヤーダックスレックスくんの奮闘記。ドイツと日本の違いをわかりやすく面白く書かれてます。
こちらから→REX`KINGDAM〜レックス王国 いっしょにドイツへ行こう!〜
カテゴリdogs in Germany(ドイツ犬事情)で日独犬事情大比較あり!

その2 つなぐべきか、放すべきか
散歩時にイヌをつないでおく義務が、ミュンヘンにはないより一部抜粋。
日本は、建前上はノーリードでイヌと歩くことは禁じられているが、ここミュンヘンでは、それが許されている。実際、大型犬は、人通りの多い街中でもリードを付けていないことが多い。一部の公園では、ノーリードが禁止されているが、そうでない公園でつながれている大型犬などまずお目にかかることはない。
ただ、これは十分にしつけられているからこそできることだ。
リードを付けられている大型犬を見ると、逆に十分にしつけられていない危険なイヌ、と思ってしまう。



…となんでこんな事かいたかといいますと、
『セントラルパークは今日も晴れ』で20年後には日本もこうなると書かれてますが、日本って管理至上主義みたいなとこあるけどマジで?と思ったわけです。
そもそも犬を犬として認めていない国だもんね、ねえ〜ハナコが生きているうちは長〜いのトンネルの入り口に立っているようだね。
ハナコ「先が見えんっつう意味ですね。がっくし。」

ここまでになるには人も犬も国も発展途上っつうことで。

おはな
↓ハナコに応援のクリックをお願いします。
↓いつもありがとうのペコリ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2007.10.30 Tuesday 13:56
犬の書籍 comments(4)
スポンサーサイト
2010.08.21 Saturday 13:56
- -
comment
ふむ。たいへん勉強になりました。
20年後は無理な気がするけど。そうなったらいいですね。
ハナコさん、本当は都会っこだったんだぁ。
そっちに移った時はカルチャーショックでもらしませんでしたか?
tiger家 2007/10/30 4:29 PM
たしかに参考になりました。よくいろんなものをご覧になってますね。
ゆっくり見させてもらいます。最後から二枚目の写真にはなぜかニンマリさせられました。▽・エ・▽
ken 2007/10/31 7:13 PM
tiger家さん

20年後どころか自分が生きている間もきびすぃ〜気がしますね。
>ハナコさん、本当は都会っこだったんだぁ。
ところが田舎暮らしを始めたら本領発揮して鳥を追いかける鳥追い犬になりました。おもらしは病院の待合室で小〜さいのを嫌がらせの様に置いていきます(苦笑)
華村 2007/10/31 9:15 PM
kenさん

デリケートな事なのでやんわりと。こうみえても平和主義者なんで(笑)
最後の二枚目の写真?足フェチですか?お、お尻フェチですか?
ちなみに私は手フェチですね!っておい。
華村 2007/10/31 9:23 PM