Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
はなこーぎー
コーギー犬ハナコが案内する犬と旅行、犬とキャンプ、犬と公園など。
トラバは悪質トラバの対応が面倒なので一切受け付けておりません(ごめんなさい)。
愛あるコメントは大歓迎です

↓1日1ポチ有効です。いつもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


犬関係のはなこーぎーの本棚です。
Profile
NewEntry
Category
Comment
Search
Link

コギオーナーりんく
★楽狐虎狐
(tigerさん)
★コーギーの空ちゃん☆ALWAYS with YOU!!!
(空ちゃん)
★koro隊長がゆく
(koro隊長)
★ヒマなときに・・・
(シュシュちゃん)
★こまり顔コーギー龍之介の癒し日記
(龍之介くん)
★CORGI LIFE と MY HOME DIARY
(海くん&小雪ちゃん)
★コーギーライフーLife with Corgi
(こなちゃん)
★ぐるぐるニナニナ
(ニナちゃん)
★シュガープラム
(プラムちゃん)
★れもぱんにっき
(れもんちゃん)
★あいらぶ♪DS+ニャン
(ダブルちゃん&シングルちゃん)
★ひろさんのブログ
(リズちゃん&ぴあちゃん)
★koro&mikan大好き!
(koroちゃん&mikanちゃん)
★コーギー大好き一家の奮闘記
(コースケくん&すずちゃん)
★空を見上げて
(ニコちゃん)
お気に入りわんにゃんリンク
手作り食応援サイト
Favorite
幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付) おうちで作る、イヌの服―カワイイを着てでかけよう! 未定 [DVD] 3びきのかわいいオオカミ スーパーナチュラル 〈ファースト〉 セット1 [DVD] 愛犬のための症状・目的別栄養事典 7歳からの老犬ごはん
Archives
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.08.21 Saturday 
- -
ハナ茶ラベル
 
※クリックでおおきくなります。

某大学で「お茶とデザイン」のシンポジウムが行われるってことで行ってまいりました。いつになく真面目モードなはなこーぎーでございます。


※クリックでおおきくなります。

静岡といえば茶処です。この手のテーマだと茶関係の方々が聞きにくるのです。皆さん超真剣です。


※クリックでおおきくなります。

幕末から大正にかけてお茶の輸出が活発化されます。日本茶を広めようと浮世絵の技術を活用して華やかな美人画や花鳥風月のデザインをした箱やラベルを作ったってわけです。


※クリックでおおきくなります。

今のグラフィックデザインの先駆けでもあるこの手のものを茶業界ではらん字といいます。それらの仕組みはすでにデザイン会社のように分業化されていて、一枚のラベルにかける熱意は呆れるほどだったそうですよ。何度もやり直してこれだというものを作る。現在茶袋は、ちょっとしたらん字風懐古ブームなんです。




今日のらくがき



大正ロマンなんちゃってハナ茶ラベル


いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ

2010.02.08 Monday 00:33
華村の日常 comments(2)
強者たち
またまた更新が怠ってしまった。


※クリックで大きくなります。


先週は会社の人々とカラオケへ。初めこそ映像が見たくてジュリーばかり歌っていたのだが、辛抱たまらんくなりエレカシオンパレードに。知らない曲?そんなんお構いなしさ。

満足じゃ
 余は満足じゃ
   嗚呼〜満足じゃ(字余り)  華村心の俳句



んで今週は飲み会へ。居酒屋で隣のおじさん達の歌を聴きながらの酒になった。なんて昭和だ。やけにおじさん二人がはもっていたので聞いたところバンドやってると。いいなーいくつになっても仲良しで音楽やってるなんて♪今度ライブやるから良かったら来て、というので「どこで?」と聞いたら「公民館で」だそうだ。公民館がライブハウスに変身ですな。行こうと思っていたけど何時か聞くのを忘れた…。はは…。


※クリックで大きくなります。

そんなわけで酒がぬけなく土曜日はほとんど寝っ転がっていた。さすがにこれは毒素抜きだと岩盤浴に行ってきた。デトックスで美肌にダイエットだぜ〜。岩盤浴20分→休憩10分 これをくり返すこと三回ほど。汗を絞り出すだけ出したら、マックスにお腹がすいた。帰りにコンビニに行った。時間すでに夜中の11時。


※クリックで大きくなります。

↑これって意味あったんだろうか?



今日のらくがき


※クリックで大きくなります。

本持ち込みとは何たる名案!岩盤浴の達人ですな。



いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.02.01 Monday 00:24
華村の日常 comments(6)
奇術師祭り

何年か前に買った指輪

すっかり忘れていたのだが整理していたら出てきた。なんだか得した気分だー。


 


最近借りた映画

以下の二つの作品は天才奇術師のお話です。しかも時代も同じなので雰囲気も似てます。何かの映画を観た予告に入っていたのをみたとき同じような映画だなーと思ったものです。調べたら同じ年代に作られてるんですね。これって偶然だったんでしょうかね?では感想を。





「プレステージ」2006(米)
クリストファー・ノーラン監督
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン他

19世紀末のロンドンを舞台に、かつて奇術師の助手をしていた非凡な二人の男(ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイル)がある事件をきっかけに敵対していくお話。マジシャンとしてお互い名声を得る二人のライバル対決はマジックを通して一線をこえていきやがて…。な話です。

モーツアルト対サリエリみたいなライバル視する二人の男。奇術に人生をかける男。うーん、時間軸を前後にしながら展開して、見ている者にも推理させる。中々良く出来ているとは思うのですが、この手のものにちょい飽きてしまっていたかも。





「幻影師アイゼンハイム」2006(米・チェコ)
ニール・バーガー監督
出演:エドワード・ノートン、ポールジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル他

19世紀末のウィーンを舞台に、見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と皇太子との結婚を控えた公爵令嬢ソフィの禁断の愛を描いたサスペンス仕立てのラブストーリー。彼らは幼い頃身分違いで引き裂かれた過去があり。

こちらはこうなるだろうなーとは思っていたものの、途中であれ?違うの?と惑わされた。ラストも好みだし、良いですよ。


奇しくも同じような奇術師によるトリック映画ですが、どちらが好みかは好きずき、としかいいようがない。主演のヒュージャックマンもエドワードノートンも19世紀末の雰囲気と良くあってます。しかしエドワードノートンの方が幻影師としてカリスマ性がありますな。なんていうか気だるい感じっていうか(笑)。
やっぱりヒュージャックマン、根っこが明るすぎるのよ。でも好きよ。




そうそう見事に騙される映画といえば1997年のマイケル・ダグラスの「ゲーム」ですね。これはまんまと騙されました。お見事でした!お陰でそんな目で映画をみるようになっちゃったよ。どうしてくれよう。




今日のらくがき



どなたがお好み?



いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.01.21 Thursday 23:14
華村の日常 comments(4)
一人たりない
 

ペプシについてきたおまけです。戦国&幕末シリーズとなっているようです。幕末シリーズには歳さんがおるじゃあないですか!土方歳三ゲット!




いたいた。コンビニの陳列棚の奧からひっぱり出しましたよ。沖田総司ゲッチュ!




うふふ。新撰組のお二人さんだよ。いいね〜。あれれ?ひとり足りなくなくなくない?

裏面を読んでみましょう。ふむふむ。
幕末人→土方歳三、坂本龍馬、沖田総司、ペリー提督、西郷隆盛、篤姫、以上6名。

ってええええええ〜〜〜。うっそぉ〜・・・。





今日のらくがき



局長!忘れられてますぜ…。


いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.01.20 Wednesday 00:22
華村の日常 comments(4)
社内ハスラー集会
 
トイデジのためボケボケですみません


社内の8名でビリヤード大会を開催しました。参加費500円を優勝賞金にします。



天才か変人か?異星人クラちゃん


賞金がかかっております。ここは負けるわけにはまいりません。



一番上手なM氏だがサービスショットを毎回プレゼントする優しすぎる男


さて結果は・・・ジャーン。

見事優勝しましたー。パチパチパチ☆




今日のらくがき



ビンゴ大会とか商品や金がからむと、がめつさ故か、奇跡を連発する女。それがワタシです。これって…良いことだよね?


いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.01.17 Sunday 23:47
華村の日常 comments(4)
ザ・築地市場

おおなつさんから年末プレゼントが届きました。アップしようと思っていたのに中々できなくて年越しちゃった…へへ。でもちゃんとアップしないとね。


THE築地市場です。すごいセンスでしょ。どうです?こういう物があるなんて日本も捨てたもんじゃないでしょ?あら?大げさだった?そうそうそれに築地にはちょっとばかり縁があるのです。

私が一番初めに勤めた所は銀座のはじっこ、築地市場のすぐ近くでした。お昼には一人でおっさんに混ざって小汚い食堂で食べたものです。懐かしいやら嬉しいやら。しかも頑丈な作りに何でも入りそうなほどのバカでかさ。ただ、ただですね、使うにはちょっとばかりの勇気が必要な気がするんです。どうか私の背中をそっーっと押してください。ああ!!!

ここに遊びに来てくれる人たちはそーっとが出来ないんだったわ…。




そしてこのキューピー。ちょっと写し方失敗しちゃったけど、限定品に弱い事を知っての限定品です。船からヌッっとキューピーが出てます。やはりあの人のセンスを侮ってはいけません。

どーもありがとーーーーーー(はあと)
大切に使わせていただきやす。



今日のらくがき




応援のポチをおねがいします。
いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.01.05 Tuesday 00:15
華村の日常 comments(10)
あけました
 


年末ギリまでお仕事と忘年会でほっぽってしまいました。挨拶にもいけずごめんなさい。

今年もどうぞよろしくお願いします。楽しい一年にしましょうね^^


応援のポチをおねがいします。
いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:ラクガキ
2010.01.01 Friday 15:54
華村の日常 comments(12)
メリークリスマス
 

一日おくれのメリークリスマス☆


コメント遅れてごめんなさい。もうしばらくお待ちくだされ。



いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
2009.12.26 Saturday 00:28
華村の日常 comments(2)
黄色いキツネ
 

一足早いクリスマスプレゼントを頂いた。上の部分、手作りだそうだ。編み物ならひたすらマフラーしか編めない、しかも途中で挫折するほど不器用な私、ひたすら感心する。そういえば中学のとき憧れの先輩にマフラーを渡そうと夜なべして途中放棄、買って渡したわ。結果は…玉砕でした。



なんと「赤いきつね」のコーンチップスです。はじめこそ「ん?」ですが、食べていくうちに、ああ、こんな味だったな、な味でした。



こちらはでたでたー。期間限定品です。これが結構いけるんですぞ。




今日のらくがき



ハナコはキツネ顔だった。体型はタヌキだったけど。



応援のポチをお願いします。
いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:ラクガキ
2009.12.11 Friday 01:03
華村の日常 comments(10)
ゆうぐれどき
 
静岡の夕暮れ時

一時間に二通以上の迷惑メールに大困惑。今の今まで慎重にやってきたのに。というよりも携帯の10分の1も活用してなかったと言った方が正しいのですが。



宝の持ち腐れ状態だった私の携帯にもついに来たか。訳もわからずクリノッペやったりして調子こいたからだわ。泣く泣くアドレスを変更した。ぐすん。



写真とは全く関係のないグチから始まりました。夕暮れ時って良いですよね。うっすら暗闇が支配する寸前の、あ、決して人の顔が良く見えないからとか、見たくない物が見えなくていいとか、そんなんじゃないですよ。




んでは最近見た映画たち。

「ウォーロード」2008
ピーター・チャン監督
出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武他

感想:心の師匠ジェット・リーが…ぶさいくだった(笑)じゃなくて、師匠がまじめくさって演じている、じゃなくて、金城武の一人勝ちだな、じゃなくて…そろそろちゃんと書かないと。。。中々ダイナミックで良かったです。あっという間に見終えました。「三国志」を読むと人間不信に陥りそうになったものですが、そんな感じです。わかりづらい?あそうそう、ジェット・リー出演作は情け容赦なく人が残酷に死んでいきますがこの作品も健在です。


「サラエボの花」2006
ヤスミラ・ジュバニッチ監督
出演:みりゃな・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィチ他

感想:ベルリン映画祭金熊賞受賞作品ということでホドホドに期待して観た。ボスニア紛争から10年経ったサラエボが舞台で母娘のドラマだ。娘の修学旅行費用が出せず、ナイトクラブで働いたり工面に奔走する母。一方の娘は戦死した父の面影を探す。やがて真実を知り…。今のジェットコースタームービーに慣れてしまうと結構退屈だ。何しろ淡々と進んでいくので。ただ東欧に非常に興味があるのでのめり込むように見終えた。心に染みる作品だ。付け加えると娘役を演じた少女のラストシーンの姿は美しいよ(ため息)


「25時」2002
スパイク・リー監督
出演:エドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパー他

感想:麻薬売買で逮捕され、25時間後に7年の服役が決まった主人公の25時間を描く。疑惑、絶望、後悔。エドワード・ノートンにこういう役を演じさせるとはまりすぎる。あのラストはどうとれと?とにかく悔いなく生きようと決めた。


「天使と悪魔」2009
ロン・ハワード監督
出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー他

感想:前作のダヴィンチ・コードよりこっちの方が好きだ。宗教や秘密結社などようわからんけど簡潔でわかりやすい。まーちょっと謎解き解明が毎回タイムアップ寸前というのがリーサル・ウェポンみたいだったけど。前作が観ている者をも迷路に迷い込ませたわりに強引だったのを、アクション多めのエンターテイメント作品にしたように思えた。



自身がチョイスしているとはいえ何だか切ない映画ばかりだ。今度は脱力系でもみるかな。



夕暮れ時の写真をもう一枚アップ。



雰囲気イケメンのおにーさんを隠し撮り。ドトール店内薄暗くて良く顔が見えなかったんですが…^^;


応援のポチをお願いします。
いつもありがとうのペコリ
    ↓  
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
JUGEMテーマ:映画



2009.12.09 Wednesday 21:18
華村の日常 comments(4)
3/5PAGES